【映画:感想】リメンバー・ミー(2018)

作品概要

作品名:リメンバー・ミー

評価:★★★★★

鑑賞日:2019年6月14日

種類:Disney DELUXE

上映時間:105分

監督:リー・アンクリッチ / エイドリアン・モリー

 

2018年3月日本で上映された今作。

とても話題になっていましたが、私は映画館には行けず....

気になっていたものの、見られていなかったのですが、

1年4ヶ月ごしに鑑賞ができました...!

 

もともと、私はとても涙もろいのですが、

大抵はエンドロールが終わる頃には涙も落ち着いて、感想を言えちゃいます。

 

でも、今作は違いました。

 

エンドロールが終わって、10分経っても、20分経っても、

涙が止まりません。

気持ちが温かくなって、自分の家族に思いをはせたりして...

 

めちゃくちゃいい映画です。

 

***

 

舞台は、メキシコ。

「死者の日」という、ご先祖様が帰ってくると言われる日のお話です。

(日本のお盆みたい。)

 

主人公は、ミゲル。音楽が大好きな少年です。

ミゲルのおうちでは、

ミュージシャンだったひいひいおじいちゃんの行動が原因で、音楽はタブー。

そんな中、どうしても音楽がしたいミゲルがとった行動が、

新しい出会いと新しい世界を見せてくれます。

 

感想

この映画のキーワードは、

「先祖を大切にする」「家族の繋がり」「愛」...といったところでしょうか。

 

ご先祖様って、実は人間、誰もが持つもので、

1人の人間が生まれるまでに何人もの人々の出会いとか繋がりが

関わっているわけで...(その人たちを知っている知らないは別にして)

 

おそらく、世界中の誰もが、いいものであれ、悪いものであれ、

人との繋がりに関する何らかの体験や経験、思い当たることがあると思うのですが、

それをテーマに作品作りをすることが、まず単純にすごいと思いました。

 

誰にでも思い当たる分、

共感できる部分と、そうでない部分があると思うから。

 

例えば、家族に恵まれて愛されて育った人々は、

先祖の繋がり、をテーマにした作品を目にして、「いい作品だなあ」って

思うのはごく自然かもしれませんが、

 

世の中には、生まれながらに両親がいない経験を持つ方や、

血の繋がりを感じない方も数多くいるわけで...

そういった方々がこの作品を見ると、どう感じるんだろうって。

 

誰にでも何か思い当たることがあるからこそ、

ものすごく難しいテーマで作品を描いているんじゃないかなと思いました。

 

絶対にありえないとか、もしくは、誰か一部特定の人にだけ当てはまるテーマだと、

「私には当てはまらないけど、そういう人もいるのね」って

流せるものが、もしかすると、

こういった作品になると、難しくなるんじゃないかなって。

 

***

 

作品の中では、死者の国が描かれています。

とても美しくて、素敵な世界観。

こんな場所で、死んだ後を過ごせるなら、楽しそうだなって思います。

 

作品の中では、2回目の死の概念は、

「生きている人に忘れられちゃうこと」

と定義されています。

 

これ、私はすごく共感した。

 

スピリチュアルなことや、幽霊や...そういったことは信じていません。

 

でも、

 

自分のおじいちゃんが亡くなった時に、

遺体を目の前にして、祭壇の前に座って遺影を眺めていたら、

おじいちゃんの声が、はっきり聞こえたんです。

正確に言えば、「鮮明に思い出せた」が正しい表現かもしれないけど、

 

その時に、

「あ〜私がおじいちゃんのことを覚えておけば、おじいちゃんは生きているんだなあ」

って思ったことがあります。

 

生きている人が覚えておけば、その人は生き続けられると思います。

それをはっきりと描いている作品だったので、とても共感しました。

 

 

***

 

作品の中で出てくる曲で、聴いてほしい曲があります。

作品のタイトルにもなっている、「リメンバー・ミー」。

メロディがものすごく優しくて、ずっと聴いていたくなります。

作品の中でも大きな役割を果たしています。

 

英語版ももちろん素晴らしいのですが、

特に私が好きだったのは、ミゲル役の 石橋 陽彩 (いしばし・ひいろ)さんが

歌っている日本語Ver. 。

この方は男性なのですが、

男の子なのか女の子なのか一瞬迷うほど、ハスキーで、

透き通った明るく強い歌声。ものすごく綺麗です。天才だと思いました。

 

***

 

作品の原題は、「Coco」。

これは、主人公ミゲルのひいおばあちゃんの愛称です。

登場シーンはほんの少しですが、誰もに愛されているキャラクターで、

私は、彼女こそが主人公だと思いました。

 

ディズニー作品を全部見たわけではありませんが、

勝手に、過去最高齢のディズニーヒロインかな?なんて思っています。

 

ぜひ皆様に鑑賞してほしいです。